Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

犬の延命と高度治療4

category - 未分類
2010/ 10/ 10
                 
病気が発覚してから4ヶ月。
お医者さんが当初言ったように病気の進行は驚くほど早く、
病魔はいつも先回りしていた。ジャッキ?は治療に
振り回されたり、だんだん体がしんどくなったりで、
きっと不愉快なことだらけだったにちがいない。 
治療と称して、嫌な思いをたくさんさせちゃって、
本当にごめんね。 人は生きるために辛い治療も耐える
のだけど、ワンコはそんなことわからないものね。


今振り返ってみれば、いくら治療とはいえ、彼の苦しみを
増やしただけだったのではないか、普通に近い生活の中で
見送ったほうが良かったのではないか、或いは
もっと粘り強く治療したほうが良かったのではないか等と
いろいろ思い巡らすものの、答えは見つからない。



平和で楽しかった記憶のほうが多いはずなのに、
今はただ慌しかった通院の記憶と、壮絶だった
彼の最後と、彼を失った喪失感がぐるぐる頭を
かけめぐる。




 
至福の時、とーちゃんと。 
=2010年6月27日撮影=


happiest.jpg
スポンサーサイト
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。