Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

犬の延命と高度治療 1

category - 未分類
2010/ 10/ 06
                 
この難しいタイトルについて、特に何をどのように書きたいのかよく
わからないけど、とにかく徒然なるままに・・・ 書いてみようか。




これまでもジャッキ?は何かとトラブルが多い子で、すくすくと
言うにはほど遠い育ち方だったけど、彼の持ち前の明るい、前向きな
性格に助けられ、睦まじく暮らしてきた。しかし、5月に彼の病気が
発覚したときその空気は一転、究極ともいえる選択を幾度かせざるを
えなくなってしまった。

そもそも彼の場合、治療は最初から「延命」ということが前提だった。
獣医さんは気の毒がってか、あえて明言しなかったけど、
よくよく注意して聞くと、その延命も数ヶ月の単位の(パパは全然
信じてなかったけど)もののようだった。
それも病魔はかなりアグレッシブだとも言っていたっけ。

頭や感情が直面している危機に追いついていくことはとても
難しかったけど、病気は日に日に進んでいくので、決断をするのに
多くの時間はかけられない。獣医さんは 犬の時間は人間の4倍の早さで
進んでいくので、たとえ 人にとってそれが短い時間だったとしても、
命の続くように治療して欲しいというスタンスのようだった。




     1度目の手術の後。

 ☆ ☆ 笑顔 笑顔 笑顔 ☆ ☆
collar11.jpg
スポンサーサイト
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。