Post

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

さよならの日

category - 未分類
2010/ 10/ 01
                 
27日の朝は静かに迎えました。
このまま朦朧としたままでもいいので、安らかに過ごせたらと
思っていましたが、それは甘い考えでした。
薬の効果が切れると、以前よりさらに辛そうになり
時々「ヒャン」と小さく悲鳴をあげるほどでした。
私は必死で座薬をしてあげたのですが、その刺激で
うんちがでてきました。それはそれは健康そうなうんちだったので
余計に悲しくなってしまいました。
うんちもおしっこも彼の生きている証ですからね。

10時過ぎるとさっき会社に行ったはずのパパが、
ジャッキ?が心配で帰ってきました。
難しく、悲しく、辛い相談をし、彼を病院に連れて行く
ことにしました。
そして、パパが車を準備するのに玄関を出たところ
ジャッキ?が首をそちらの方向に大きく伸ばして
まるでパパを呼んでいるような、引き止めるような仕草を
したので、私は驚いてパパをすぐに呼び戻しました。




ジャッキ?ちゃんは・・・それからすぐ、パパとママを残して
お空へ逝ってしまいました。


sofaphoto.jpg
スポンサーサイト
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。