FC2ブログ

2007年04月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

アップアップクラブ アジリティ Agility trial @Tsukuba

category - 未分類
2007/ 04/ 29
                 
7度目の2度。今日はなんとしても決めたい3度昇格。
JP2: これまでスラロームは右から直角の
エントリーをディフォルトとして練習してきたので、
JETに任せてエントリーさせたものの、入りで失敗。
後からベテランな方の話によると、ロングジャンプ→スラローム
というのはハードル→スラロームより難しいとのこと。
それを知っていたら、もう少し工夫できたのに。
これも「経験不足」というところでしょうか。

Today, I want to get a Q by all means to go to Master class.

JP2 : We have always practiced entry of a weaving pole from
right angle as default. So I left it to Jet to enter
No.8 weaving pole. But Jet failed the entry.
After the trial, I heard one of a veteran agility player
saying that long jump → weaving pole is more difficult than
hurdle→weaving pole. If I had knew this, I would do
something different handling.
This can be said kind of "short of experience".


jp2upup2007.jpg







AG2: きょうは前回の失敗を反省し、他の人の競技に
気をとられることなく集中を維持することに心がける。
心配な部分はNo.2→No.3のソフトトンネル後のハードルと
No.8→No.9への誘導か。 ソフトトンネルをはさんだ
向こう側からフロントする人が多く、その後の3番バーの落下が
多かったような。
私が焦ってJETのバー落下を招かないように、今日は
攻めた走りができなかった。でもね、それでいいのよ。
結果はクリーンランで、おまけに運よく5位入賞だ???。
念願の3度昇格!!ばんざ?い。
とーちゃん、お待たせしました。

Reflecting the previous trial, I tried to be concentrated on
myself as possible as I could without watching other teams
so much. I thought the difficult parts were No.2→No.3.and
No.8→No.9. Not a few teams used a front cross beyond the
chute entrance and this sometimes induced a No.3 hurdle bar
drop. Not to induce Jet's bar drops, I could not help
to be slow as I wanted a clean run today by all means.
And then, we made it and fortunately got 5th place.
We promoted to Master Class at last!!


ag2upup2007.jpg





            
スポンサーサイト
            
                                  
        

大阪クラブアジリティ Osaka Club Agility

category - 未分類
2007/ 04/ 15
                 
3度昇格の希望を胸に、はるばる600kmを走り
やってきました、大阪へ。
今日はかつての世界アジリティチャンピオンであり、
指導者でもあるマルコモーエン氏が
ジャッジということで、きっと難しいコースだろうと
予想されます。
今日のコースは全て彼のデザインだそうで、失格しても
集中が切れなければ最後まで走っていいとのご配慮。
でも、いつもより時間がかかったかな。
We drove 600km to go to Osaka Club Agility trial.
Today's judge is famous Marco Mouwen from Switzerland.
The courses will be difficult ones as he designed today's all
courses.


でかマルコちゃん marco.jpg


JP2:自然な旋回で、迷わず、無理な方向転換なしにJETが
走れること・・これが未熟なハンドリングながらも、
私が一番に考ること。
いろいろ考え、3?4番は大部分のチームは左コントロール
だったけど、敢えて右コントロールで。
でも、どっちが早かったのかな?
うまくスピードにのって走れたものの、18?19番で
フロントの立ち位置確認でほんの一瞬JETから目をそらしたことが、
16番ハードルの落下を招いてしまった。 
何があっても犬から目を離していけないことを痛感。
フロントなんかしないでシンプルに旋回すればよかった? 

As to Jumping 2 ;
Although my handling is still limited, I always try to
think that JET can run natural line without astraying
in the course and without sudden change of direction.

Most of the team used left side control at No.3-4
but I used right side control. I did not know
which was faster. At the last parts, Jet dropped No.16
hurdle because I took my eyes off him for a tiny little
moment to confirm my front position at No.18-19 hurdle.
I should have not choose front switch !!!!

jp2osaka2007.jpg



AG2。 痛恨のコースミス。
Aフレーム→ハードル→シーソーなのに、Aフレーム→シーソー
と行ってしまった。 シクシク・・・・・
(これってかえって難しいんとちゃう??)
2度同じ所を通るコースはとっても苦手な私。
走っていて、ごちゃまぜになっちゃうんです。
順番待ちも長く集中も欠いてたし・・・言い訳の数々・・
待ち時間の過ごし方も考えなくちゃいけません。

「他のミスはともかく、コースミスだけは許せない」という
とーちゃんの逆鱗(?)にふれ、帰りの車の気まずいこと。 
あ???、JET、とーちゃん、ごめんなさい。
3度昇格まで、もう一度チャンスを下さい!!
As to AG2
I skipped No.11 hurdle. (T_T)
I always tend to mix-up myself in a course like
I need to run same place twice. In addition, I lost
my concentration as waiting time was too long.
(lots of execuse....)
Takeru always says "Miss-course is the worst thing
you do". We had a ba????d atmospher during the way home.
Give me one more chance for Master Class!!


ag2osakaap2007.jpg




                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。