2007年03月

        

スポンサーサイト

category - スポンサー広告
--/ --/ --
                 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
                         
                                  
        

JKC新ルール new rules

category - 未分類
2007/ 03/ 28
                 
テーブルが今年の6月の本部展から(?)導入されるように
なったことから、今日は初めてテーブルの練習をしました。
JETとアジリティを始めた時はすでにJKCの競技から
テーブルはなくなっていたので、全く初めての練習です。
テーブルがなくなった理由ですが、聞くところによると、
(詳細は知りません)1/100秒を競う競技で、ジャッジが口頭で
5秒を数えること自体が不公平だということで、いろいろ
あったとか、なかったとか。
今後はその辺を改善すべく、犬がテーブルに乗ったら
自動的に5秒をカウントするという優れもののテーブルを
アメリカから輸入する(した?)そうです。
どんな形状・しくみかは先生もまだ知らないとのこと。
テーブルの上では、以前と違って「座る」「立て」「伏せ」の
指定はなく、とにかく5秒、テーブル上にいればいいそうです。

JETは問題なくこなしてましたが、テーブルへのアプローチ
でななにか注意したほうがいいことがあるんだろーか?
こんど聞いてみよっと。

We practiced a TABLE for the first time as a table had been already
excluded from JKC trials when we started agility in 2005.
But again a table will be introduced at JKC from around June
this year.
I do not know exact the reasons why a table had been excluded
these few years but I heard that there were
many clams that while players compete 1/100 second at
the goal, it might be unfair that a judge counts 5 seconds
manually.
Anyway, this time this issue seems to be solved as
JKC imported new tables from USA which can automatically count
5 seconds when a dog get on the table.

Jet was smoothly on the table without any problems.

さらに新しいルールが加わります。組障害としての180度、270度等は
なくなり、その代わり、直線の4メートル(ラージ)間隔のハードル
(2基以上か)を組障害とするそうです。
通常ハードルの間隔は5?6メートルですが、4mというのは
無頓着に一歩で跳ぶとバーを落としやすい間隔だそうで、美しく
一歩で跳ぶためには犬の身体能力や訓練が必要となるそうです。
犬は訓練で自ら学習し、バーを落とさないように2歩で
跳ぶようになったり、1歩で跳ぶようになったりするそうです。
JETは1回目は様子を伺うように2歩で跳んでいましたが、
2回目は1歩で跳んでました。
ん?? 頼もすぃ??わん☆

There will be another new change in JKC.
180, 270 turns and other box sequences will not be considered
as a combination. Only straight 2-3 hurdles which have 4m
interval are considered as a combination.
A dog easily drops 4M interval hurdles if he carelessly jumps
with one step.
The trainer said a dogs will learn by themselves whether he
could jump with one step or jump with two step considering
their own physical ability.
Jet jumped with two steps at first but he could jump with one step
from second time.
He was absolutely stylish then !!


doublebara.jpg

            
スポンサーサイト
            
                                  
        

悲しい朝・・One miserable morning

category - 未分類
2007/ 03/ 25
                 
こんな朝は・・昨日の失敗のシーンが何度も繰り返される夢を見て、
とんでもなく早い時間に目が覚める。
大会で失敗した日の翌朝はいつもこんなカンジで非常に
目覚めが悪い。
すべては自分の未熟さゆえの結果ながら、今回はJPでの
進行上の不手際という不測の事態もありで、なおさら
モヤモヤ状態。
こういった悔しさを、素早く、力強いモチベーションに変換できる
ような超ポジティブシンキングな人間になりたいものです。

The next morning of the trial of which result was unsatisfactory one,
I always wake up very early in the morning from the dream.
In that dream, I repeatedly experience the same scenes, which I am
making a mistake, of previous day.
That really let me down for a while.
In addition to this, an inappropriate operation of the trial
(at the Jumping) left us some kind of bad feelings about
the results this time.
But, anyway, I try to have more positive way of thinking
to recall stronger motivation sooner to the next step.


こんなお顔を見たらまた元気がでるっちゃね。
Once I see these faces, I will be all right!

jackieface.jpg

jetface.jpg

                         
                                  
        

まばたく瞬間  A moment of one blinking

category - 未分類
2007/ 03/ 24
                 
行ってきました、JKC江戸川大会。
確か3度昇格がかかってましたっけ。

結果はJPはCRで3席。
AG、1ミスで16席・・・でした。ガックシ・・・
前回吉見のJPではちょっとしたタイミングの遅れがミスを
招き、今回は早すぎるタイミングがミスを招いてしまいました。
つまり、JETがジャンプ中に次8番トンネルへの指示をだし
ちゃったんです。跳んでいるときに声をかけてはいけませんね。
両方とも、ほんのまばたきをする位のタイミングなんですが、
その微妙なタイミングを自らコントロールすることが
未熟なんでしょうね。
アジリティってもしかしたら、犬をコントロールするより
自分をコントロールする方が難しいのかも・・・
同じ間違いは2度とないよう、次回に頑張るぞ??。

We went to the Agility trial which we had been expected
to get a final Q to the Master Class.
The results were ;
We got 3rd place at JP but we got one fault at AG,
the ranking was 16th. The delay of the timing had caused
to be a mistake at the previous trial (JP) but this time
my too fast timing caused to a mistake. (T_T)
I gave a command to Jet to go to the No.8 tunnel just when
Jet was jumping the No.7 hurdle.
(Sorry Jet, I was too bad!!)
These timings may be almost same timing as one blinking,
but these may be the important point that I still need to practice.
I feel Agility is a sports which we need to control ourselves
rather than a dog.

I want... wish.. hope... to get a Q next time...








コース図、とーちゃんのご協力のもと今回は上手く貼れました。
I can paste the courses nicely this time with the helps of Takeru.



edogawajp2.jpg


edogawaAG2.jpg

                         
                                  
        

臨機応変

category - 未分類
2007/ 03/ 16
                 
ちょっと前のブログで、「私はアジで走っている時
アドリブがきかない
」みたいな事を書いた気がする。
ところが、今日のレッスンで、「臨機応変過ぎる」と指摘
された。つまり(検分通り動いていない)ってこと。
動けなくなっちゃう理由は、焦ったり、JETを見すぎて
しまったりで、タイミングがずれてしまうから。
そうえいば、スクールでは犬によっては、1?2センチのような
微妙な単位でハンドリングの位置を教えられている人もいる。
ということを考えれば、検分通り動けないということは、
たとえ、ある時は結果オーライであっても、いずれは失敗を
招くような大切なことみたいだ。
多少のブレはJETがカバーしてくれるのをいい事に
その辺がゆるくなっているかも。
確かに吉見でのJPの失敗は、検分通りに動けなかった
からだしね。
これからはもっと集中して、俊敏にいきたい・・・と
思うものの、心と体はなかなか一緒に動かないお年頃なのです。

My agility trainer advised me that "You should move
as you planned at your course walk, otherwise
this may cause to a problem.
Yes, I am likely to fail to move as I planed because
sometimes I watch Jet too long or sometimes I can not be
calm enough. It is very true that the reason of the
fault of the last trial at Jumping surely came from this.
While some handlers are sometimes advised about their
handling position as a matter of one inch level from
their dogs, Jet are so clever that he can absorb my obscure
handlings. I may have been spoiled by Jet.
I will try to be more concentrate on my moves and I wish
to be more quick.
But it also true that these are not so easy for a middle
age woman like me. T_T


seesaw.jpg

                         
                                  
        

JKC Agility trial in Yoshimi JKC@吉見

category - 未分類
2007/ 03/ 10
                 



3?4月は珍しくいくらか頻繁に競技会が開催されます。
今回はクラブ大会ということで、ビギナー1、ビギナー2、
1度、2度という競技内容で、それでも全564チーム、1018走。
2度ラージは92チームですが、3度がないので
この92チームの中には、かなりの数の3度の方々がいらっしゃる
のではと思われます。「2度の私らは不利なんちゃう?」と
思いながらも、まっ、とりあえず自分の仕事に集中です。
Today's trial was organized by the local JKC club, there were
totally 564 teams; 1018 runs.
Entries of the Excellent class (Large) was 92 teams.
As there was no Master class today, among 92 teams,
there were many Master class teams
.

JPは・・・結果から言ったら失格。
そばに居たベテランハンドラーの方も「これって4度?!」、
ジャッジのE先生も「恨むなよー」だって??。
CRは4チームのみの難コース、ギャラリーもいつになく
たーくさん。
難所が4?6回箇所?ってかんじで、私らも結構しのいだけど、
結局やっぱり最後の難関でやられました。
私の冷静さが足りず、14?15番ハードルでのハンドリングが
検分と違ってしまったのが敗因となり、14?15?3と
流れてしまった。
チョー残念でした!
As to JP, one of veteran agility player said
"Level of this course setting is high above Master class"
in addition, even the judge said "Don't blame me???"(LOL)
Only 4 teams among 92 did perfect run.
We could hang on to the last difficult part, but I failed to do
clam correct handling at No.14-No.15 and this caused Jet jumps
the wrong hurdle No.3. Then.... T_T 


AGは2度に相応しいレベルのコース設定だったような。
特に不安な箇所はなかったものの、Aフレーム後,
JETが左のハードルに目をむけたので、正面のタイヤへと
修正させた(実際左に行ってしまったチームもいたし・・)。
その為、タイヤ後のハンドリングが検分と違ってしまった。
その後はイメージ通り走れたけど、またも最後の20メートル
付近で私のスタミナ切れ。それがたたってか、4/100秒差で
5位入賞を逃してしまった。
ハンドラーがJETの足を引っ張ってどうするんじゃぁ?
JETのトレーニングより、自分の足腰と脳のトレーニングが
必要ですね。 それでも、これで3度へリーチがかかりました。
さて、次回はどうかな?
As to AG, its level was, I think, adequate.
After the A-flame JET momentarily watched the wrong
hurdle (at the left No.3), so corrected his attention to the
tire in front. Therefore, my handling after the
tire was differed from I had intended earlier.
After that I could handle as I had imaged, but
again I run out of my stamina at the last 20 meter.
May be because of this we missed the 5th place ribbon
with 4/100 second difference.
We have one more leg left to the Master Class at last.


今日も一席とはやはり3秒差。3度を走る日本のトップレベルの
チームでした。JETも進歩しているんだから、私も心身ともに
進歩せねばいけませんね。
We had again 3 second difference with top teams who 
runs Master class and are one of the top level agility
team in Japan.
As Jet is progressing day by day I also have to train
myself mentally and physically
.




AG2
yoshiag2.gif


JP2
yoshimijp.gif


初めてなのでうまくアップできなかったみたい。
I'm regret not to up the course nicely.
                         
                                  
        

無限な難関 Limitless obstacles

category - 未分類
2007/ 03/ 05
                 
アジリティのコース設定は理論的には無限近く
ある訳で、例えば障害の並べ方や、障害間の角度や距離を
少し変えたりするだけで、難易度も大きく変わる。 
といということは、つまりミスの可能性もそれと同じだけ
あるということ。
私の場合、本番では応用やら、アドリブやらはきっと難しい
だろうから、「この(並べ方)はやったことない」ってのを、
なるべく減らしたいと思うわけで、それには一体どんだけ
練習せにゃならんのか・・と思う。

In agility, there are, theorically, lmitless patterns of
course settings.
Of course there are courses settings which often to be seen.
But its difficulty will be varied if you just change the
angle/distance of obstacles.
I think it's difficult for me to handle the course settings
which I have not seen/experienced before.
In order to minimize such my unsecureness, how much I have to
practice ???

もちろん定番な(並べ方)ってのもあるわけだけど、
どんな時も途方にくれないように、ハンドリング方法の引き出しを
たくさん持てるようにしておきたい・・・っつうのが
当面の目標でしょうか。
上級な方々ほど練習熱心なのは、コースがますます多様化し
複雑になってくるからなのでしょうね。
私も弱音を吐かずに地道にがんばろ???っと。

My present goal is to have more " drawers of handlings "
not to be helpless at trials.
It seems that the higher level handlers become,
the more practice they do to comply with course settings
which become more and more complicate.
I think I need to learn from what they do.
jettunnel.jpg
                         
                                  
    
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。